余白堂

福岡県整理収納アドバイザー 多忙で片づけが苦手なあなたへ

こどものコト

子どもが決める?親が決める?実際に行ってわかったランドセル選びのこつ

 

3.子どもとランドセルを見に行く前に押さえておきたいポイント5つ

最初こそ、木のおもちゃにこだわっていたものの、少しづつ子どもの趣味について、大らかになれたつもりの私。
流石にランドセルとなると、6年間も持ち続けますし、安価なものではないので、選ぶにも慎重になってしまいます。

ここで大事なことは、予習でした。下記3点を押さえて望みたかった。

1.ランドセル選びで大事だと思うこと(重さ、サイズ、強度、デザインなど)お互い譲れないことを確認すること。

2.それとなく、子どもの好みを聞いておき、妥協ラインになりそうな商品を見つけておくこと

3.親の思い、この思い両方をを叶えてくれるモノがあるお店を探しておくこと。

特に、3のようなお店をを2件くらい押さえることをしておくとスムーズでした。

そうすると、うろうろ探し回る中でこれはちょっと賛成しかねる!
と親が思うモノに出会わず、
炎天下の中、あちらこちら彷徨い疲れてしまうという事態も防げ、
そして、なによりも親も子も満足感も得る事ができるかな。と。

結局、我が家は自分で選んだ。ということを大事にしよう。
パパが、ドラえもん自転車を買って、後で恥ずかしくなった体験談を話し
それでも欲しいならば、買い換えたいと思った時、人の意見を聞く大切さを学べば良い!
ということで、息子の鋼の意志を尊重することにしました。

素敵なランドセルを背負った笑顔の少ない我が子より
イマイチ好みではなくても、笑顔で入学式に臨み、やる気に溢れる我が子が大事。
もし、高学年で恥ずかしいな。と言う想いが生じても学ぶ事があるはず。

と言う結論に。

これからランドセルを選ぶ方、来年以降ランドセルを購入する予定のパパ、ママで
子どもと親の意見が食い違いそうな予感がする方の参考になれば幸いです。

ああ、憧れの土屋鞄のランドセル。。。笑
この記事を書いて憧れが叶うより大事な事、再認識できました!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください